2019年12月、京都大学、筑波大学などを訪問しました。

更新日:2020/09/12

2019年12月10-17日にかけて、日本に一時帰国中であった稲角暢副センター長が、京都大学、筑波大学、JSPS本部などを訪問しました。

京都大学においては、アジア・アフリカ地域研究研究科の多くのアフリカ研究者と懇談しました。とりわけ重田眞義教授、高橋基樹教授、金子守恵准教授とは、京都大学アフリカオフィス(エチオピア)と当センターの連繋の可能性を探りました。

筑波大学においては、筑波大学Tsukuba International Academy for Sport Studies(TIAS)の真田久学群長、田暁潔助教、そして来日中であったケニヤッタ大学のMwangi Francis Mundia講師などと面談し、2020年の東京オリンピック、スポーツ研究を通じた日本-アフリカ学術交流について、議論を交わしました。また、2020年3月にケニヤッタ大学で開催予定の国際共同シンポジウムについても打合せをおこないました。

JSPS本部においては、2年半ぶりの日本一時帰国であったこともあり、増子則義副理事、箕作康志参事をはじめとする方々を表敬訪問し、ナイロビ研究連絡センターの方向性について意見交換をするとともに、事務的な打ち合わせもおこないました。

COPYRIGHT © 2012 Japan Society for the Promotion of Science, Nairobi Research Station AllRIGHTS RESERVED